akane001.bmp
arubaito001.bmp
moemoe001.bmp

2012年08月24日

フリーターとニートの境目

フリーターとニートの境界線をはっきりとひくことは難しいといわれているようです。

というのも、フリーターになろうと考えていて、今は無職の人などはフリーターとニートどちらの部類に入るのだろうかという疑問がわいてくるからです。

今そのような状況にいる人は、労働する意思がある自分はフリーターとニートどちらかと言われたら、フリーターだと答えるかもしれません。

でも、人によっては現在労働していないのだから、フリーターとニートどちらかというとニートの部類であるというかもしれません。

フリーターとニートの違いには年齢層というものもあるような気がします。



フリーターをしている人の中には年長の方や主婦の方もいると聞きます。

ニートは比較的若者に多いように聞きますから、フリーターとニートの間には年齢層という違いもあるのではないかと思うようになりました。

いずれにしてもフリーターとニートの境界線をはっきりと引くことは難しいようです。

しかし、ふたつに共通して言えることはフリーターとニートという問題が社会で大きく取り上げられていることだということなのです。

では、はたしてフリーターとニートがそこまで問題として取り上げられるのはなぜなのでしょうか。

フリーターとニートと一つにくくられるということは、何か共通した問題点があるのでしょうか。

フリーターとニートについてそれぞれの問題点やメリットを調べて正しい理解を得たいですね。

就職活動中の方に
 ↓  ↓

内定の極意



posted by momiji at 22:12| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。